婚姻費用の分担契約、公正証書離婚、離婚協議書、不倫慰謝料の示談書などについての全国対応サポート

別居中の生活費の約束を、公正証書等の合意書に。

婚姻費用@合意書サポート

千葉県船橋市本町1丁目26番14号 サンライズ船橋401号

婚姻費用の分担、公正証書離婚、不倫の内容証明郵便・示談書のサポート

全国どこでも対応

お急ぎ作成にも対応します。

【受付】9~20時(土日16時まで)

047-407-0991

不倫解消を目的とした引越し

不倫トラブルと引越し

男女が不倫関係になってしまう背景として、近所同士の付き合いがあった、子どもの通う学校行事を契機として交流が始まったなど、日常生活に関わる身近なところで関係の始まることが多くあります。

そうした不倫の関係が配偶者に発覚すると、二人の関わる機会を失くすことを目的として、男女の一方が引越しすることがあります。こうした引っ越しは、不倫の示談条件となるものではなく、自主的な対応として取られることになります。

不倫を原因とする引越し

身近な関係における不倫のとき

自ら交際相手の異性を求めてインターネット等を通じて知り合う男女もありますが、不倫では仕事などによる付き合いから男女の関係に発展することが多く見られます。

職場内での不倫は多く起きているケースになりますが、そのほかに、近所同士の付き合いや子どもの学校関係の交流から始まって、それが不倫の関係に至ってしまうことも見られます。

顔を合わせる頻度が高くなるほど、人は自然に相手に対して親しみの感情を抱きます。

そうしたとき、男女としての相性が良ければ、徐々に親密さが増していくことになり、いつか一線を越えてしまって、気付いたときには不倫関係になっていることがあります。

不倫に潜むリスクを判っている人でも、いつの間にか不倫の関係に陥ってしまいます。

そして、いったん不倫の関係が始まると、徐々に正しい在り方に戻ることができなくなり、関係が継続していくことになります。

不倫関係は、短ければ数か月で終わりますが、長く何年も続くケースもあります。

それでも、いつか不倫の事実が配偶者などに見つかることがあり、関係を解消しなければならないときがやって来ます。

そうすると、不倫の関係が続く期間には男女にとって都合の良かった「近所であること」は、不倫が周囲に発覚して問題化したときは反対に困った事情になります。

不倫の発覚した後にも男女の一方又は双方が離婚をしないときは、不倫した男女二人は、不倫関係を解消した後も、近所であるために、嫌でも顔を合わせることになります。

配偶者に不倫をされた側にとっては、その不倫相手の顔は二度と見たくないというのが正直な気持ちになります。

不倫相手が近くに住んでいるだけでも、そのことで精神的に苦痛を受けることもあります。

不倫していた男女としても、相手が近くに住み続けていることは意識せずにいられませんし、落ち着かない気持ちになることもあります。

また、不倫関係と言うものは、不倫している当事者の気付かないところで、周囲の知人、関係者などに見られて知られていることが少なくありません。

そうしたときは、しばらくの間は近所の目が気になってしまうこともあります。

不倫をされた側の気持ち

身近にある人間関係で不倫の行われていた事実が配偶者に発覚すると、不倫をされた側は、自分の近くで不倫の関係を続けられていたことに強くショックを受けることになります。

自分の生活圏内で配偶者が不倫行為をしていたとなると、離婚しない方向で整理するときは、不倫関係を解消させても再発するかもしれないとの不安を残すことになります。

不倫をされた側と不倫相手との話し合いでは、慰謝料の支払いのほか、どのように二人の関わりを失くすかということが大きなテーマになります。

そのとき、不倫をされた側は、どうしても「できるだけ遠くへ引っ越して欲しい」ということを相手に求めるがちです。

そのように考える気持ちは理解できることですが、具体的な対応については当事者間の協議に委ねられます。

引越しをすること

近所での不倫関係を解消し、気持ちを入れ替えて新たな生活をスタートさせるためには、不倫関係にあった男女の一方または双方が引越しをすることが望ましいことです。

不倫していた男女が隣人同士であったときは、一方側が引越しすることを余儀なくされます。

さすがに、不倫の事実が発覚した後にも隣人関係を続けていくことは難しいと言えます。

いろいろな不倫のケースを見ていますと、不倫関係にあった男女の一方が独身であれば、その側が引越しをすることがあります。

独身であれば持ち家ではありませんので、転居することに大きな支障はありません。

そのまま双方とも住居を変えないこともありますが、あまりに住居が近いときは、一方側が引越しすることを考えるようです。

双方ともに既婚者であると、どちら側が転居するとは言えません。また、住まいが持ち家であるときには、すぐに転居することもできず、容易には対応できません。

住居が賃貸契約であれば引越しをすることも比較的に対応しやすいですが、持ち家であるときは売却・賃貸の問題もあることから、当人には大きな負担となります。

住宅の購入から年数が浅いときには、住宅ローンの残債が多くて住宅の売却はできません。

また、不倫していた男女に小中学校に通う子どもがあるときは、引越しすることで子どもの転校も伴うことになり、子どもへの影響も出てきます。

もちろん、本人、配偶者にとっては、通勤面において影響が出ます。

このように、不倫を原因とした引越しは、本人のほか家族に影響を及ぼすこともあり、容易に対応できない状況にあるケースもあります。

身近に起きる不倫の結果

引越しをすることは負担となり、また、勤務先等の事情によって直ちには引越しできないこともあります。

引越しを強要はできません

不倫の問題が発覚して当事者の間で示談をすすめるときに、不倫をされた側は、不倫相手に対して引越しを求めることがあります。

それまでの平穏な生活を不倫行為によって壊された側としては、不倫相手に対し厳しい要求をすることも見られます。

不倫相手に対し引越しを要求することも、その一つになります。

不倫した側が引越しの要求に応じることができれば、そうした対応を確認して示談します。

しかし、不倫相手の側に何らかの事情があって、すぐには引越しができないこともあります。

こうしたとき、不倫行為で被害を受けた側であっても、不倫相手に対し引越しを強要することまではできません。

不倫をした責任は男女の双方にありますので、一方だけが大きな負担を負うことは理屈のうえでも通らないことになります。

不倫行為で受けた精神上の損害は、不倫 慰謝料の支払いで対応することが基本となります。

引越しをすることは、あくまでも本人から自主的に取られる対応措置になります。

もっとも、直ちに引越しすることのできない事情があっても、本人としても住みずらくなりますので、いずれ引越する機会を見付けることになると思われます。

不倫関係にあった男女が近所同士であったときは、どちらか一方側が引越しをすることになるなど、不倫問題を起こしたことで大きな代償を払うことになります。

不倫の事実が漏れ伝わる

不倫というものは、当事者が気付かないでいるだけで、いつの間にか近所の人に密会の現場を目撃されていたり、何かの契機で事実を知られることが多くあります。

そうした事実は、周囲の関係者に話題となって拡がるスピードも早く、夫婦の間に不倫のトラブルが発覚するときには、すでに不倫の事実が周囲に知れ渡っていることもあります。

また、不倫をされた被害者は、不倫相手に対する怒り、悔しさなどから、不倫のあったことを友人、知人に伝えて対応の方法などについて相談するケースもあります。

そして、そうした相談を受けた関係者からも、不倫に関する情報は周りに漏れていきます。

近所、学校、職場のいずれにおいても、不倫についての噂は関心を持たれ、おしゃべりな人に知られると、あっという間に噂として拡がることも起きます。

そうなると、不倫関係になった男女は、そうした周囲の様子、他人の目が気になり、転居したいと考えることにもなります。

自主的な対応としての引越し

不倫の問題が起こっても、被害者から配偶者の不倫相手に対し引越しを強要することはできませんが、当事者の間で不倫相手が任意に引越しすることで合意することもあります。

そうしたときは、不倫の問題について整理する示談書において、不倫した側の自主的な対応として引越しに関する合意を確認しておくことになります。

示談書では、一方が引越しをすること、その期限などについて確認しておきます。

引越しの履行を強制できませんが、そうした合意を交わすこと自体が本人に引っ越す意思のある表れになりますので、履行することが期待できます。

不倫の発覚によっても離婚せずに夫婦として生活していく側としては、慰謝料を多く獲得することよりも、夫婦生活の環境づくりを優先することもあります。

そのため、示談する相手が引越しすることも踏まえて不倫 慰謝料の額を定めることも、示談において見られます。

近隣での不倫関係

不倫関係は、かなり身近なところで起きることも多いため、近隣同士の付き合いなどから関係の生じることも少なくありません。

これまで当事務所で扱ってきた事例にも、子どもが同じ学校又は習い事をしている、地域の同好会仲間、近所の付き合いなどの事情から不倫問題が起きたものがあります。

近隣関係にある男女の不倫関係は、発覚しやすいにもかかわらず起きやすいことがあり、不倫関係を解消した後も顔を合わせる機会が残ってしまうとの特徴が見られます。

不倫問題の事後対応においては、気になる課題を整理する必要のあることもあります。

引越しの問題もそうした課題の一つになり、当事者は対応に苦慮します。

不倫問題の対処にあたられる方から依頼を受けた示談書の作成に携わっていると、実際に当事者の苦渋が伝わってくることがあります。

完全な形での解決ができることもありますが、近隣関係又は職場内における不倫問題では心配ごとを残すことも出てきます。

婚姻費用、公正証書離婚、不倫の慰謝料請求、示談書などの各サポートのお問い合わせは、こちらへ

離婚協議書・公正証書、夫婦の誓約書、不倫・婚約破棄の慰謝料請求(内容証明)又は示談書のサポートをご利用したいとお考えであれば、お気軽にお問い合わせください。

ご来所のほか、メール又はお電話によるサポートにも対応しています。

なお、慰謝料請求可否・金額の判断、手続等の説明、アドバイスを求めるお電話は、ご利用者の方との連絡に支障となりますので、ご遠慮ねがいます。

離婚公正証書・不倫示談書などの相談

『あなたに必要な公正証書、示談書を迅速・丁寧に作成します。』

裁判・調停のご相談・質問には対応しておりません

こちらは「船橋つかだ行政書士事務所」の電話番号です。

047-407-0991

電話受付:9~20時(土日は16時迄)

婚姻費用・離婚の公正証書、不倫示談書など

お急ぎ依頼に対応します。

047-407-0991

メール照会には、原則24時間以内に回答します。簡単にポイントをご説明ください。

  事務所のご案内

船橋駅から徒歩4分
電話受付(国民の祝日は休)
  • 平日:9時~20時
  • 土日:9時~16時

JRの線路と京成の線路の中間位にあるマンション内です。1階は寿司店です

どちらからのご依頼も丁寧に対応致します。

東京都(江戸川区,葛飾区,江東区,台東区,墨田区,品川区)千葉県(船橋,八千代,成田,,佐倉,市川,習志野,浦安,鎌ヶ谷.千葉,印西,白井,松戸,野田,流山,我孫子,銚子,館山,木更津,東金,茂原,旭),埼玉県,神奈川県群馬県栃木県長野県ほか全国からのご依頼に対応します。