婚姻費用の分担契約、公正証書離婚、離婚協議書、不倫慰謝料の示談書などについての全国対応サポート

別居中の生活費の約束を、公正証書等の合意書に。

婚姻費用@合意書サポート

千葉県船橋市本町1丁目26番14号 サンライズ船橋401号

婚姻費用の分担、公正証書離婚、不倫の内容証明郵便・示談書のサポート

全国どこでも対応

お急ぎ作成にも対応します。

【受付】9~21時(土日17時まで)

047-407-0991

性格の不一致による離婚

協議離婚するには夫婦に離婚することの合意があればよいため、離婚理由を問われません。そして協議離婚になる理由では「性格の不一致」が最も多く挙げられます。性格の不一致による離婚は、夫婦の双方に離婚になる原因があったと考えられるため、離婚に伴い慰謝料支払いが発生しません。

離婚理由に多い「性格の不一致」

離婚する理由として、「性格の不一致」「価値観の相違」が多く挙げられます。

夫婦の一方側による不貞行為暴力借金などが原因となる離婚も少なくありませんが、離婚の原因が明確でないときは「性格の不一致」として整理することもあると思われます。

また、一方が有責配偶者となることに抵抗を持つときには、離婚理由を性格の不一致として整理しておくことで離婚の手続きを円滑にすすめられるという実態もあります。

当事務所のご利用者からも、離婚の理由が性格の不一致であることを聞くことがありますが、実際に何が不一致なのかよく分からないこともあります。

夫婦のどちらか一方側だけに明確な原因があるということではなく、夫婦として一緒に生活していくのが嫌になったということをお伺いします。

こうしたことは、夫婦の間だけで整理されていれば構わないことになります。

協議離婚では、どのような理由であっても、夫婦の間に離婚することの合意があれば、役所に協議離婚届を提出することで離婚を成立させることができます。

調停離婚においても理由が問われることはなく、夫婦の離婚合意によって離婚ができます。

ただし、裁判離婚となる場合には、裁判上の離婚請求の理由について、離婚することが本当に止むを得ないものであるか裁判所において判断されることになります。

このときに、性格の不一致はどのような取り扱いとなるのでしょうか?

実際には、離婚請求の具体的な内容を踏まえて裁判所で判断されます。

単に性格の不一致を理由として挙げるだけの離婚請求では離婚が認められませんが、性格の不一致が婚姻を継続させることに大きな支障となるまでに夫婦関係が悪化しているときには、離婚請求が認められることもあります。

たとえば、性格が合わなくて夫婦が繰り返しケンカをし、お互いに夫婦の関係を修復していこうとする努力が全く見られず、そのまま婚姻を続けていくことには無理があると判断される場合などです。

以上のように、夫婦の性格が合わないこと自体が問題になるのではなく、その結果として夫婦双方が婚姻継続の意思を喪失してしまっていたり、既に婚姻の破たんした状態になっているかどうかについてが判断のポイントになるようです。

性格の不一致

性格の不一致による離婚

夫婦の愛情が冷めてくると、性格の合わないことが表面化してきて、婚姻継続が難しくなってきます。

協議離婚が多くなります

不貞、暴力行為など離婚原因となる不法行為のない「性格の不一致」による離婚は、一般には夫婦で話し合いができる状況にあることから、協議離婚が選択されています。

双方ともに相手だけに離婚の責任が全てあるという認識はありませんので、子どもの親権者の指定に夫婦間で争いが生じなければ、普通に協議をして離婚条件を定めることもできます。

性格が合わないといっても、婚姻生活をしてきた実績がありますので、互いに相手の考え方も分かっていますので、多くの夫婦は特段の争いもなく離婚の手続きをすすめられています。

ただし、性格の不一致による離婚であっても、養育費の支払い条件などで夫婦間の話し合いが着かないこともありますので、そうしたときは家庭裁判所の調停離婚になることもあります。

慰謝料の支払い

性格の不一致を理由とする離婚では、夫婦のどちらか一方を離婚原因のある有責配偶者であると言うことができません。

夫婦の双方に明確な離婚原因がないか、双方ともに何らかの原因があると考えられます。

それでも、一方側が離婚になった責任は相手側にあると考えることは少なくありません。

そのため、性格の不一致を理由とする離婚でも、夫婦間の離婚協議の中で離婚慰謝料の請求が行なわれることもあります。

そうした場合には、ほとんどのケースでは慰謝料請求の支払いが認められません。

ただ、夫婦の双方ともに明確な離婚原因が無いときでも、夫婦の一方側がどうしても離婚することを希望することもあります。

そうしたときに、自分側に責任があると認めて慰謝料を支払って離婚することもあります。

ただし、慰謝料の支払いをすると不法行為をしたことになり体裁も悪いことから、双方の合意のもとに支払われる「解決金」という名目で、離婚を希望する側から相手側へ金銭を支払うことを条件として離婚に同意をすることもあります。

信頼関係が破たんしていない

これまでに数多くのご夫婦の協議離婚に契約書の作成面から携わってきたなかで、離婚のときにおける夫婦仲の状態も様々であることを見ています。

いつでも口を開くとケンカが起きてしまうほどに高い緊張状態が続く夫婦もある一方で、とても夫婦仲が悪いようには見えない夫婦もあります。

後者の夫婦では、双方の信頼関係が壊れておらず、単に夫婦の性格が合わない、価値観が違うということが分かったことで、離婚することがお互いの為になると考えられているようです。

相手のことは嫌いでなくても、子どもの教育方針に違いがあったり、家庭のお金の使い方(貯金も含みます)に大きな感覚の違いがあると、夫婦としての共同生活が難しくなります。

短い人生を真剣に生きることを考えるとき、価値観を共有できる相手と一緒に暮らしたい、居心地の良い家庭を持ちたいと考えることは自然なことになります。

仲が良くても離婚することはあまり考えられないことでありますが、現実にそのような選択をされている方もあるのです。離婚とは生き方の選択であると感じます。

性格の不一致

夫婦と言えども全く別個の人格が双方にはあり、もともと夫婦の性格が同じであるということはあり得ません。

男女が出合うときには、違った性格の者同士だからこそ相手に対して魅力を感じるものであると言います。

したがって、2人の男女が性格の一致をみることは、容易なことではないのかもしれないと考えます。

そのため、はじめから違う性格の男女二人が同居して共同生活を送ることになりますので、何らかのズレはどこかで生じてくるものと思います。

また、婚姻生活における夫婦の距離感、生活の態様などによっても、お互いの気持ちが変わっていくことがあります。

特に夫側は、仕事に熱中して忙しい時期であると、なかなか妻(家庭)のことに関心が向かないこともあります。

実業界、芸能界などでも、社会的に名前が売るまでに忙しい人が、ある日突然に離婚報道が流れることは珍しいことではありません。

現代では、家庭内における性別分業体制も曖昧になってきています。

妻の側も仕事を持つことが当たり前になってきており、家庭外でもストレスを受けることがあります。

その一方で、夫も家事や子育ての分担を負うようになっています。

このような社会生活の在り方が変化していく中、夫婦のお互いの役割についても、夫婦それぞれで考え方の違いが生じてくるのも仕方ないことかも知れません。

個人の単位でも、人生の過程で、その価値観は大きく変化することがあります。それは、相手の在り方に関係なく起きてくることです。

短い人生の中で、精一杯に生きようとする程に、自分に合わない家庭生活を続けていくことに意義を見出せなくなることもあります。

当事務所に離婚相談でお越しになられるご相談者にも、「特に配偶者が嫌いということではなく、お互いの価値観が合わないので離婚した方が良いということになった。相手に対しては出来るだけの財産分与をしたい。」という事を淡々とお話になられる方がいらっしゃいます。

夫婦というものは不思議な関係であると常々思います。

一緒にいることが意義のある時期もあれば、一緒でなくなる方が良い時期もあると思うのです。同じ状態が続くことはありません。

婚姻生活の継続又は離婚のどちらを選択したとしても、そのことは自分自身の人生の選択であり、自由であると思います。

婚姻費用、公正証書離婚、不倫の慰謝料請求、示談書などの各サポートのお問合せはこちらへ

離婚協議書・公正証書、夫婦の誓約書、不倫・婚約破棄の慰謝料請求(内容証明郵便)又は示談書などの各サポートのご利用については、お気軽にお問い合わせください。

ご来所による方法のほか、メール又はお電話によるサポートにも対応しています。

なお、慰謝料請求可否金額に関する判断、手続等の説明を求めるだけのお電話は、ご利用者の方との連絡等に支障となりますので、ご遠慮ねがいます。

離婚公正証書・不倫示談書などの相談

『あなたに合わせた公正証書、示談書などを丁寧に作成します。』

裁判・調停には相談を含めて対応しておりません

船橋つかだ行政書士事務所

047-407-0991

受付:9~21時(土日は17時迄)

婚姻費用・離婚の公正証書、不倫示談書など

お急ぎ依頼に対応します。

047-407-0991

メール照会には、原則24時間以内に回答します。簡単にポイントをご説明ください。

  事務所のご案内

船橋駅から徒歩4分
営業時間
  • 平日:9時~21時
  • 土日:9時~17時

JRの線路と京成の線路の中間位にあるマンション内です。1階は「room」です

どちらからのご依頼も丁寧に対応致します。

東京都(江戸川区,葛飾区,江東区,台東区,墨田区,品川区)千葉県(船橋,八千代,成田,,佐倉,市川,習志野,浦安,鎌ヶ谷.千葉,印西,白井,松戸,野田,流山,我孫子,銚子,館山,木更津,東金,茂原,旭),埼玉県,神奈川県群馬県栃木県長野県ほか全国からのご依頼に対応します。