婚姻費用の分担契約、公正証書離婚、離婚協議書、不倫慰謝料の示談書などについての全国対応サポート

別居中の生活費の約束を、公正証書等の合意書に。

婚姻費用@合意書サポート

千葉県船橋市本町1丁目26番14号 サンライズ船橋401号

婚姻費用の分担、公正証書離婚、不倫の内容証明郵便・示談書のサポート

全国どこでも対応

お急ぎ作成にも対応します。

【受付】9~21時(土日17時まで)

047-407-0991

勝手に離婚届を出された

離婚無効の申し立てが必要に

勝手に離婚届を出されたとき

離婚することに合意していないにも関わらず相手から離婚届が役所に出されてしまったとき、役所の戸籍係が届出を受理してしまうと、それによって形式上では離婚が成立します。もし、離婚成立に同意できないときは、家庭裁判所に離婚無効確認の調停を申し立てることを検討しなければなりません。

離婚が成立した形になります

夫婦の関係が疎遠になってきて、夫婦に離婚話がでてくることになってきたとき、自分では離婚届を書いたつもりがないのに、相手側が役所に離婚届を勝手に出してしまうことが起きることがあります。

何もない状態で離婚届がでることもありませんので、相手が離婚に応じる姿勢を示したことを離婚届を出してもよいものと一方的に解釈をしてしまうなど、夫婦間のコミュニケーション不足から、離婚届のトラブルが起きるものと思われます。

協議離婚は、役所への離婚届によって成立します。そして、離婚届を受け付ける役所は、離婚届の形式的な記載内容に問題がなければ、それを受理することになります。

書面上で夫婦二人による離婚届への記載があって、さらに証人二名の署名、押印もあれば、受理に問題がありません。内容について実質的な審査を行なう権限は、役所にはありません。

離婚届が受理されたことによって、形式的には協議離婚が成立したことになります。

しかし、離婚届が役所で受理されたとしても、夫婦の一方側が離婚に合意していないまま離婚届がされたのであれば、勝手に出された離婚届は法律的には無効な手続きとなります。

そこで、離婚届により戸籍が真実と違う状態になっていますので、離婚の記載を消し、婚姻している状態に戻す手続が必要になります。

戸籍を修正するためには、家庭裁判所に協議離婚無効確認の調停を申し立てます。

調停において離婚が無効であることに双方で合意が成立すると、審判の手続きを経て、役所で戸籍の修正をしてもらうことになります。もし、調停が成立しないときには訴訟となります。

協議離婚無効確認調停の申立書

協議離婚無効確認調停の申立書(2-1)

協議離婚無効確認調停の申立書(2-2)

勝手に出す離婚届

相手から預かっていた離婚届を提出するタイミングに双方での認識の違いがあったことでトラブルが起きることもありますが、一方側が勝手に離婚届に記載して届出ことも起きます。

離婚という身分を変更する大事な離婚届に、本人の同意を得ないままに記載して申請することは法律のうえでも問題のある行為となります。

もし、そのような行為が認められると、社会の秩序を維持することはできなくなります。

法律では、有印私文書偽造同行使、公正証書原本不実記載同行使などにあたり、問題となると罰せられることもありますので、そのようなことはしてはいけません。

当事務所は行政書士事務所になりますので、家庭裁判所の手続をご案内することはできません。家庭裁判所の手続きを確認されたい方は、家庭裁判所にご確認ねがいます。

離婚専門の行政書士

「離婚届を記載するときは、そのまま離婚をするときになります。」

心配であれば、不受理申出を

勝手に離婚届を出されてしまうと、上記のとおり、その後で修正するための手続に大変な手間がかかります。

もし、離婚届を無断で提出される心配があれば、まずは役所に対して離婚届の不受理申出をしておくことが安心です。

離婚届の不受理申出は、一度だけ出しておけばよく、その手続きも難しいものではありません。

夫婦で離婚合意ができて離婚届をする際には、先に不受理申出の取り下げをしなくてはなりませんが、その手続きも簡単です。

離婚に向けた夫婦での協議を進めている最中であっても、配偶者に不信感があるときには心配になるものです。

そうなると、万一の勝手な離婚届に備えて、できることの対応をしておくことも止むを得ないかもしれません。

不受理の申出をしておく限り離婚が成立してしまうことはありませんので、夫婦で納得のいくまで離婚の条件などについて話し合いをしていくことができます。

なお、夫婦の間に離婚条件に合意ができ、公正証書 離婚したいときには、当所でサポートをご用意していますので、ご希望がありましたらご利用ください。

婚姻費用、公正証書離婚、不倫の慰謝料請求、示談書などの各サポートのお問合せはこちらへ

離婚協議書・公正証書、夫婦の誓約書、不倫・婚約破棄の慰謝料請求(内容証明郵便)又は示談書などの各サポートのご利用をお考えである方は、お気軽にご相談ください。

ご来所によるほか、メール又はお電話によるお問合せにも対応しています。

慰謝料請求可否金額に関する判断、離婚手続の確認または説明を求められるだけのお電話等は、ご利用者様との連絡に支障となりますので、ご遠慮ねがいます。

離婚公正証書・不倫示談書などの相談

『あなたに合わせた公正証書、示談書などを丁寧に作成します。』

裁判、調停に関しては対応しておりません

船橋つかだ行政書士事務所

047-407-0991

受付:9~21時(土日は17時迄)

婚姻費用・離婚の公正証書、不倫示談書など

お急ぎ依頼に対応します。

047-407-0991

メール照会には、原則24時間以内に回答します。簡単にポイントをご説明ください。

  事務所のご案内

船橋駅から徒歩4分
営業時間
  • 平日:9時~21時
  • 土日:9時~17時

JRの線路と京成の線路の中間位にあるマンション内です。1階は「room」です

どちらからのご依頼も丁寧に対応致します。

東京都(江戸川区,葛飾区,江東区,台東区,墨田区,品川区)千葉県(船橋,八千代,成田,,佐倉,市川,習志野,浦安,鎌ヶ谷.千葉,印西,白井,松戸,野田,流山,我孫子,銚子,館山,木更津,東金,茂原,旭),埼玉県,神奈川県群馬県栃木県長野県ほか全国からのご依頼に対応します。