婚姻費用の分担契約、公正証書離婚、離婚協議書、不倫慰謝料の示談書などについての全国対応サポート

別居中の生活費の約束を、公正証書等の合意書に。

婚姻費用@合意書サポート

千葉県船橋市本町1丁目26番14号 サンライズ船橋401号

婚姻費用の分担、公正証書離婚、不倫の内容証明郵便・示談書のサポート

全国どこでも対応

お急ぎ作成にも対応します。

【受付】9~21時(土日17時まで)

047-407-0991

不倫相手の親への請求

不倫したことを理由に慰謝料を請求しても、相手に十分な資力がないために慰謝料の支払いをまったく期待できなかったり、不倫したことを反省しておらず慰謝料を支払う姿勢が見られないことがあります。こうしたとき、相手の親に慰謝料を請求したいと言われる方があります。

しかし、不倫の責任を本人の親に求めることは、法律上で認められません。また、そうした請求をすることは、本人のプライバシーを侵害することになる可能性があります。

親は関係ありません

配偶者に不倫されたことで精神的に苦痛を受ける被害者となった側は、不倫した二人に対して不法行為を理由として慰謝料を請求できる立場にあります。

不倫の事実が原因となって離婚になるときは、慰謝料も高額になります。

一般に、不倫された側は、配偶者の不倫相手に対し慰謝料請求します。そうして、不倫によって受けた精神的苦痛を慰藉することになります。

ただし、不倫相手に対し慰謝料を請求しても、現実に慰謝料が支払われない限り、精神的な苦痛が慰藉されることになりません。

請求した相手から慰謝料が支払われなければ、さらに精神的な苦痛が増すことになります。

不倫慰謝料の請求では、不倫相手に慰謝料の支払い意思があること、支払い資力が備わっていることが、現実の対応において重要な要素になります。

不倫相手に慰謝料を支払う意思がなければ、話し合いでは不倫の問題を解決できませんので、訴訟による方法で慰謝料請求することが考えられます。

しかし、不倫相手に慰謝料を支払う資力が備わっていなければ、裁判所から判決をとっても、慰謝料の支払いを現実に実現させることはできません。

そうなると、訴訟に要した弁護士費用の支払いだけを残してしまいます。

こうしたことは、不倫相手に慰謝料を請求する手続の方法を検討する段階で、問題点として事前に判明することもあります。

そうしたとき、請求者は、不倫相手の両親に関する情報を持っていると、その両親に慰謝料を請求すれば支払われるのではないかと期待することもあります。

当事務所にある相談でも、そうした話を聞くことがあります。不倫相手が既知の友人などであるときは、相手の両親を昔から知っていることもあります。

そうしたときは、不倫相手よりも、その両親へ慰謝料請求した方が早いと考えるのです。

しかし、こうした慰謝料の請求は、法律上の考え方としては認められません。

不倫の問題に両親が直接に関与していることは、通常で考えられません。不倫をすることは、すべて本人の責任となり、両親に法律上で責任はありません。

したがって、不倫の責任を不倫相手の両親に求めることは、筋の違うことになります。

不倫した本人は独立した人格、プライバシーを持ちますので、不倫の問題を不倫相手の両親に話すこと自体が当事者の間でトラブルになることも予想されます。

このように、不倫相手の両親に対し慰謝料を請求することは認められません。

両親による立替払い

不倫をした本人の両親には、不倫について責任を負う義務はありません。

ただし、不倫問題が起きて不倫をした本人に慰謝料を支払う資力がないとき、本人から両親に相談し、本人が支払うべき慰謝料を両親から立て替えてもらって支払うことはあります。

こうしたときも、慰謝料の請求者は、不倫相手から慰謝料の支払いを受ける形となります。

そして、本人は、立て替えてもらったお金を両親へ返済していくことになります。

不倫相手の年齢が若いと、十分な資力がないことから、両親から慰謝料の支払い資金を捻出して支払われることもあります。

こうした形による支払いであれば、不倫した本人が了解したうえで両親に不倫の事実を話し、両親も事情を承知して子どもに対し資金を貸すことになりますので問題となりません。

慰謝料支払いの保証人

不倫した本人が慰謝料を支払う意思を持っていても資力が不十分であるとき、分割払いにより慰謝料の支払い契約を当事者間で結ぶこともあります。

しかし、慰謝料の分割払いは、すべてが支払われずに途中で滞ってしまうことが多くあり、受取り側としては不安が大きく、条件として承諾しがたい面があります。

こうしたとき、慰謝料の分割払い契約に、連帯保証人を付ける方法があります。

連帯保証人は、債務者本人と変わらぬ返済義務を負うことになりますので、なり手は両親又は兄弟ぐらいしか考えられません。

もし、不倫相手本人から両親に連帯保証人の引き受けを依頼して了解を得られたときは、親を連帯保証人として慰謝料の分割払い契約を結ぶことも可能になります。

不倫問題を起こした本人の年齢が若いときには両親も道義上で責任を感じていることもあり、連帯保証人を引き受けることもあります。

しかし、一般には、本人の責任であるとして、不倫の問題に関与しない親が多いと言えます。

なお、慰謝料の分割払い契約に連帯保証人を付けるときは、慰謝料の支払い契約に連帯保証人となる親も当事者の一人として加わることになります。

不倫した本人が未成年であるとき

未成年でも、不倫のトラブルで加害者側の立場に置かれることがあります。

SNSなどを通じて未知の異性と知り合ったり、在学中におけるアルバイトで既婚者の異性と出会う機会も少なくありません。

未成年者は判断力が大人に比べて未熟である一方で、身体的には成熟しています。そのため、大人の側から未成年者に対し積極的に接触してくることもあります。

こうして、未成年者であっても、不倫のトラブルを引き起こしてしまうこともあるのです。

不倫した本人が未成年であっても、不倫をしたことに責任能力があると認められると、不倫の被害者となる側は、本人へ対し不倫 慰謝料を請求することができます。

ただし、未成年との間で慰謝料を支払う契約をするときは、親権者となる両親の同意を得ておかなければ、契約しても後で取り消されてしまう恐れがあります。

そのため、不倫問題について慰謝料の支払いを確認するときには、未成年者の本人のほかに、その親権者となる両親を含めて話し合って示談を成立させることになります。

本人の両親にも注意を払います

未成年者が関わる不倫問題が起きた場合、不倫相手の両親を巻き込んで問題を解決するときは気を付ける点があります。

不倫した未成年者の行動は法律上で不法行為に当たりますが、問題を引き起こした責任は、その相手となった既婚者の側にもあります。

もし、既婚者と未成年者の年齢差が大きいときは、未熟な未成年者よりも既婚者の側に不倫の問題を起こした責任が主にあると一般に考えられます。

不倫相手が請求者より年下の未成年者であると交渉をすすめ易いと考えることは早計です。

既婚の成人が未成年者を相手に軽い気持ちで性行為をすることは、未成年者の両親からすれば心情的に許せないと考えることもあります。

結婚している男性に大事な未婚の娘が遊ばれたと、事実を捉えることもあるからです。

そうしたときに、請求者となる側が自分の配偶者に責任を求めず、その相手である未成年者だけに法的責任を求めることは、未成年者の両親を強く刺激することにもなります。

そうした両親とトラブルを引き起こすと、不倫の問題が周囲に広がることになり、そのことで配偶者の社会的な信用に傷を付ける事態にならないとも限りません。

こうした事情から、未成年者の関与する不倫問題の対応は一般事例よりも難しいと考えられ、細心の注意を払って対応することが必要になります。

ご注意|当事務所では慰謝料請求の事務等を取り扱いません

未成年者が当事者として不倫問題に関与している場合は、上記のように、不倫した本人に対し単純に慰謝料を請求するだけでは解決を図れないこともあります。

一般傾向として、未成年者は慰謝料を支払うことが資力的に困難であることが見られます。

また、精神面で未成熟な未成年者に対し法律上の責任を問うことになると、話し合いをすすめる過程において不測の事態が起こらないとも限りません。

このような事情から、当事務所では「未成年者及びその親権者に対する不倫慰謝料の請求」に関する事務(相談も含みます)を扱っておりません。

どうぞ、ご理解を願います。

婚姻費用、公正証書離婚、不倫の慰謝料請求、示談書などの各サポートのお問合せはこちらへ

離婚協議書・公正証書、夫婦の誓約書、不倫・婚約破棄の慰謝料請求(内容証明郵便)又は示談書などの各サポートのご利用については、お気軽にお問い合わせください。

ご来所による方法のほか、メール又はお電話によるサポートにも対応しています。

なお、慰謝料請求可否金額に関する判断、手続等の説明を求めるだけのお電話は、ご利用者の方との連絡等に支障となりますので、ご遠慮ねがいます。

離婚公正証書・不倫示談書などの相談

『あなたに合わせた公正証書、示談書などを丁寧に作成します。』

裁判・調停には相談を含めて対応しておりません

船橋つかだ行政書士事務所

047-407-0991

受付:9~21時(土日は17時迄)

婚姻費用・離婚の公正証書、不倫示談書など

お急ぎ依頼に対応します。

047-407-0991

メール照会には、原則24時間以内に回答します。簡単にポイントをご説明ください。

  事務所のご案内

船橋駅から徒歩4分
営業時間
  • 平日:9時~21時
  • 土日:9時~17時

JRの線路と京成の線路の中間位にあるマンション内です。1階は「room」です

どちらからのご依頼も丁寧に対応致します。

東京都(江戸川区,葛飾区,江東区,台東区,墨田区,品川区)千葉県(船橋,八千代,成田,,佐倉,市川,習志野,浦安,鎌ヶ谷.千葉,印西,白井,松戸,野田,流山,我孫子,銚子,館山,木更津,東金,茂原,旭),埼玉県,神奈川県群馬県栃木県長野県ほか全国からのご依頼に対応します。