婚姻費用の分担契約、公正証書離婚、離婚協議書、不倫慰謝料の示談書などサポート【全国対応】

別居中の生活費の約束を、公正証書など合意書に作成します。

婚姻費用@合意書サポート

千葉県船橋市本町1丁目26番14号 サンライズ船橋401号

婚姻費用の分担、公正証書離婚、不倫の内容証明郵便・示談書のサポート

全国どこでも対応

お急ぎ作成にも対応します。

【受付】9~20時(土日16時迄)

047-407-0991

公正証書にする必要性は?

示談書サポートの対応⑦

公正証書に作成する必要がありますか?

高額な慰謝料の支払い、再発防止の約束などを定める不倫問題の示談書について「公正証書に作成しておく必要がありますか?」と尋ねられることがあります。

慰謝料の支払い条件が長期の分割払いとなるときは公正証書を作成することもありますが、多くの示談では公正証書が作成されていません。

実際の対応で公正証書を作成するか否かは、当事者の判断、合意で決まります。

示談の話し合い

公正証書に作成することの判断

不倫の問題を整理するときは慰謝料の支払いを伴うことも多くあり、示談の手続きをすすめる過程において当事者は慎重になります。

慰謝料を支払う側は『これで本当に完全に解決するのだろうか?』と、一方で、その支払いを受ける側は『間違いなく慰謝料を受け取れるのだろうか?』と心配するものです。

そうした心配があることから、示談するときに、合意した示談の条件を公正証書にしておくことが安全ではないだろうかと、はじめは考えるようです。

公正証書は公証役場で作成される公文書になりますので、示談した事実、その内容について、当事者の間だけでなく裁判所においても公正証書によって証明することができます

個人で作成した示談書を使用した第三者が関与しない示談であると、その後に当事者間にトラブルが再発したときなど、一方側が示談書を締結した事実を否定しないとも限りません。

また、示談の条件となった慰謝料の支払いが履行されず、受け取る側は裁判所を通して支払い請求しなければならない事態になる可能性もあります。

このような将来に懸念されることがあれば、できるだけ安全な公正証書で示談しておくに越したことはないと、当事者が考えることも理解できます。

でも、現実には、不倫問題の示談で公正証書が作成されていることは多くありません。

その理由として、公正証書を作成するには手間と時間がかかるということがあります

公正証書は、公証役場へ申し込んだ当日には作成されず、その完成まで1週間から2週間位の期間を要します。

また、公正証書には、示談する当事者の氏名、住所、生年月日等の個人情報が記載されます。

そうしたことから、公正証書の作成までを行うことには躊躇してしまうことが見られます。

また、公正証書の作成には示談する当事者双方の合意が前提になりますので、どちらか一方が公正証書を作成することに消極的になると、公正証書の作成はすすみません。

高額な慰謝料が分割払いとなるときは、公正証書で示談することもあります。

それでも、公正証書で示談の手続きをしても、慰謝料の支払いが滞ったときに本人にお金がなければ、強制的に支払いを求める手続きでもお金を受け取ることができません。

以上のことから、公正証書を作成しておくと安全性は高まると言えますが、その作成の手間等から実際に不倫問題の示談で公正証書を作成することはそれほど多くありません

示談に公正証書を作成するか否かは、最終的に示談する当事者の判断と合意で決まります。

二度と不倫しないことを誓約するだけのとき

公正証書を作成するメリットは、一定の要件を満たしたお金を支払う公正証書契約について、支払いが遅れた場合に裁判せずとも財産の差し押さえを簡単な手続きで行えることです。

こうした支払い契約についての強制力が公正証書に備えられることで、不倫問題の慰謝料支払い契約で公正証書が利用されることもあるのです。

ただし、お金を支払う以外の契約は、裁判せずに公正証書で強制することはできません。

たとえば、公正証書による示談において、不倫していた男女が会わないことを誓約しても、その後に男女が会うことが可能になります(誓約違反による慰謝料が生じることはあります)。

男女に会わせないように強制することは、公正証書をもってしてもできません。

大事な約束をするときに公正証書で行うことを考える方も見られますが、お金を支払う契約のほかは、公正証書で特別な効果が得られることにはなりません。

そのため、慰謝料等のお金の支払いがなく、ただ誓約を記録するだけであれば、公正証書を利用する特別なメリットはありません。

慰謝料の支払いなどを整理した不倫問題の示談書を、当事務所でも作成しております。

当事務所は千葉県船橋市にありますが、夫婦・男女問題を専門とする行政書士事務所のため、全国からご依頼をいただきます。

メール又はお電話による連絡だけでも十分にサポートをご利用になれます。

なお、八千代船橋市川習志野浦安鎌ヶ谷千葉江戸川区葛飾区江東区品川区さいたま市など、お近くであれば事務所にもお越しいただけます。

話し合いの開始から示談の成立までの間、当事者の間における話し合いの状況に応じて、示談書案の作成と修正に対応しながら、丁寧に示談書作成をサポートいたします。

→不倫問題の示談書作成における注意点とサポートについて

 

婚姻費用、公正証書離婚、不倫の慰謝料請求、示談書などの各サポートのお問い合わせは、こちらへ

離婚協議書・公正証書、夫婦の誓約書、不倫・婚約破棄の慰謝料請求(内容証明)又は示談書のサポートをご利用したいとお考えであれば、お気軽にお問い合わせください。

ご来所のほか、メール又はお電話によるサポートにも対応しています。

なお、慰謝料請求可否・金額評価、法律手続の説明、アドバイスを求めるお電話は、ご利用者の方からの連絡等に支障となりますので、ご遠慮ねがいます。

離婚の公正証書・不倫の示談書

『あなたに必要な公正証書、示談書を迅速・丁寧に作成します。』

裁判・調停のご相談・質問には対応しておりません

こちらは「船橋つかだ行政書士事務所」の電話番号です。

047-407-0991

電話受付:9~20時(土日は16時迄)

離婚の公正証書、不倫示談書、請求書など

専門行政書士

お急ぎ依頼に対応します。

047-407-0991

フォームのお問合せには原則24時間内に回答しますので、要点を簡単にご連絡下さい。

ペイパル|VISA,Mastercard,JCB,American Express,UnionPay,銀行

  事務所のご案内

船橋行政書士事務所

船橋駅から徒歩4分
電話受付(国民の祝日は休)
  • 平日:9時~20時
  • 土日:9時~16時

JRと京成の両線路の中間位にあるマンションにあります。1階は寿司店です

どちらからのご依頼も丁寧に対応致します。

東京都(江戸川区,葛飾区,江東区,台東区,墨田区,品川区)千葉県(船橋,八千代,成田,,佐倉,市川,習志野,浦安,鎌ヶ谷.千葉,印西,白井,松戸,野田,流山,我孫子,銚子,館山,木更津,東金,茂原,旭),埼玉県,神奈川県群馬県栃木県長野県ほか全国からのご依頼に対応します。