婚姻費用の分担契約、公正証書離婚、離婚協議書、不倫慰謝料の示談書などについての全国対応サポート

別居中の生活費の約束を、公正証書等の合意書に。

婚姻費用@合意書サポート

千葉県船橋市本町1丁目26番14号 サンライズ船橋401号

婚姻費用の分担、公正証書離婚、不倫の内容証明郵便・示談書のサポート

全国どこでも対応

お急ぎ作成にも対応します。

【受付】9~21時(土日17時まで)

047-407-0991

穏便に不倫トラブルを収束させたい

訴訟によらず解決したい

不倫に関するトラブルが起きたとき、被害者になる側は、始めから訴訟の手続により慰謝料を請求することもありますが、当事者の間で穏便にトラブルを解決しようと試みる方が多数になります。これは、不倫した側も同じであり、訴訟を受けて対応したいと考える方は僅かです。訴訟によらず話し合いで穏便に解決ができれば、訴訟の手続きにかかる時間と弁護士の費用を負担することなく、経済的にも効率の良い方法になります。

示談による解決を目指す

不倫の問題が表面化したとき、その当事者は、不倫関係の解消と不倫 慰謝料の支払いについて示談を成立させて問題の収束を図ろうとします。

問題の解決にとられる主な方法として、裁判所に慰謝料請求訴訟を提起する方法、当事者の間で協議して示談を成立させる方法があります。

訴訟による解決を望む人は、本人で訴訟手続を進めることは少なく、一般に弁護士を訴訟代理人に選任して手続きをすすめます。

訴訟の手続きでは不倫の事実を説明する証拠資料を裁判所に提出することが必要となり、その準備にも費用がかかります。

また、裁判が始まっても双方の認否が行われるため、判決が出るまでには期間がかかります。

このように、訴訟で解決を目指すためには、訴訟事務を委任する弁護士の費用と解決までの期間が当事者の双方に負担となります。

こうしたこともあり、できるだけ訴訟によらず、当事者の間で示談を成立させる方向で協議を進めることを試みることになります。

最終的に訴訟で解決することもやむを得ないと考えているときにも、始めから訴訟をせずに、まずは相手に連絡をして示談に向けて調整を図っていきます。

示談は当事者の間で行なうことになりますので、不倫問題の当事者が直接に連絡を取り合って協議を重ねることが見られます。

協議の前提となる不倫の事実について認識の違いがなければ、示談に向けた条件面の調整を行なうことが対応の中心となります。

当事者間の協議で示談ができれば、経済的な負担も少なく問題を早く収束させられます。

対応での注意

訴訟しないで不倫問題の解決を目指すためには、示談する条件を調整するうえで、双方でのやり取りがどうしても必要になります。

双方が示談に向けて話し合いで調整していくことを確認し、示談する条件について、お互いに譲歩しながら探っていくことになります。

双方とも冷静になって、事務的に示談条件の調整を続けることが求められます。

協議において感情に任せた発言をしたり、双方でかみ合わない無理な要求ばかりを繰り返していると、示談に向けた話し合いを継続していくことができなくなります。

こうしたことは当たり前のことになりますが、とくに慰謝料請求する側において守れないことが見受けられます。

双方が話し合いによって不倫の問題を解決したいという気持ちを持てなければ、途中で話し合いは終わってしまい、示談の成立することはありません。

双方とも落ち着いて話し合うことに努め、示談に向けて調整を図ることが求められます。

無理な要求をしない

不倫問題が起きて示談を成立させるためには、双方が条件面で歩み寄ることが欠かせません。

双方の立場としては、不倫をされた側は慰謝料を多く得たいと考え、不倫をした側は慰謝料の支払いをできる限り少なく抑えたいと考えます。

示談に向けた協議を始める時点から、当事者となる双方の利益は相反します。

そのため、話し合いで双方が自らの希望を主張するだけでは、示談は成立させられません。

不倫慰謝料を請求する側から相手に対し高額過ぎる慰謝料請求をする(特別な事情もないのに5百万円を請求する)ことも、少なからず見られることがあります。

訴訟によらない解決を目指しているにもかかわらず、そうした慰謝料を請求すると、相手は話し合いに応じる意欲を喪失し、訴訟で解決する方向に向かわざるを得なくなります。

なお、訴訟になっても、相手に慰謝料を支払うことのできる収入、金融資産がなければ、最終的に目的を達せられない結果になります。

慰謝料請求された側からは「不倫に対して責任をとる意思はあるけれども、あまりに無理な高い慰謝料を要求されて困っている」との話しを伺うことが少なくありません。

当事者での話し合いができなければ、最終的に裁判所に解決を委ねることになり、その場合は双方とも訴訟のために弁護士報酬を負担することになります。

高額過ぎる慰謝料を請求しない

高額過ぎる慰謝料額を請求することは、不倫問題の解決を遅らせることもあります。

自分で対応する

当事務所へは「相手に話しをしてもらえないか?」とのお問い合わせも多くいただきますが、行政書士事務所であるため、代理して示談に向けた調整をすることはできません。

どなたも、できれば示談する相手とは話をしたくないと考えます。

そうかと言って、弁護士に代理の交渉を依頼するまでの費用を負担することは厳しいという状況にあることが普通だと思います。

ただし、本人で相手と慰謝料の支払い条件など示談の条件について話し合いをすすめ、うまく示談を成立させている方は大勢あります。

これは、男女の別、職業の違いなどには関係ありません。

当事務所のご利用者には、主婦の方でも、相手と示談に向けて交渉し、速やかに示談を成立させている方も多く見られます。

当事者の間で整理すべきポイントを押さえておけば、あとは双方で考える条件を具体的に調整して合意できる地点まで詰めていくだけになります。

双方の間で折り合いがつくか否かは、自信の有無ではなく、柔軟に条件を調整できるかどうかになります。

上手く解決している方も多くあります

当事務所では不倫慰謝料の示談書を作成するサポートをしていますが、示談書の作成を依頼される方々は、当事者同士の話し合いで不倫の問題を解決しています。

繰り返しになりますが、不倫問題の解決において押えておくべきポイントさえ知っておけば、あとは具体的な示談条件の調整を双方間ですすめていくだけです。

双方とも訴訟によらず不倫の問題を解決したいとの気持ちを持っていれば、実状を踏まえた条件で解決を目指していくことになり、自ずと話し合いがまとまる可能性が高くなります。

慰謝料を請求する側が高過ぎる慰謝料を請求したり、慰謝料を支払う側が不倫の過ちを認めない姿勢を示したりしなければ、調整する幅は限られてきます。

自分で考える最良の条件で不倫が問題することを目指していくことは悪くありません。

しかし、それの実現が難しい状況であることを理解したときは、相手の事情も踏まえて現実的な解決策を双方で探っていくことが大切なことになります。

双方で話し合いがまとまるときは、示談書を作成して最終的な合意事項を確認しておきます。

こうした手続きで、不倫問題を早くスムーズに解決している方は実際にも多くあります。

無理をし過ぎないことも

不倫をしたことで慰謝料を請求された側で、請求されたとおりの慰謝料を支払うことで対応をしようとする方も見られることがあります。

やむを得ない金額であれば、支払いに応じることは良いのですが、かなり高い金額であるのに支払いに応じることを考えている方もあります。

そうした方は、自分が不倫をしたのだから、請求を断れないと考えているようです。そして、どのように対応すればよいのか解らないように見えます。

不倫をしたことで責任を取ることは当然なことになりますが、一般に考えられるよりかなり高い金額までを支払う責任はありません。

訴訟によらず解決をするために、自分に無理のかかる対応をすることまで必要でしょうか?

お金を支払ってから後悔しても、後になってお金を取り戻すことはできません。

相当であると考えられる金額に近づけるように相手と話し合うことに努めることをしたうえで結論を出すことでも、間に合うことであると言えます。

内容証明郵便の送付

不倫を理由として慰謝料請求する側が、相手と協議しないで慰謝料の支払いを受けたいと考えて慰謝料請求書を内容証明郵便で送付することもあります。

こうした慰謝料の請求方法は、実際にも多く行なわれています。

調整ができなかったときには訴訟することを考えていても、先ずはその前に内容証明郵便で慰謝料請求書を送付して相手の様子を伺うことが行なわれます。

その請求書を受領した側が、請求書のとおりに慰謝料の支払いに応じれば、それによって目的が達成します。

実際に、そうした方法によって不倫問題の解決が図られることも見られます。

こうした方法による解決は、慰謝料を請求する側には最も望ましい形となります。

ただし、一度だけの請求書の送付によって解決することは、それほど多くありません。

その後に双方の間で条件面に関するやり取りが行なわれてから示談が成立するか、又、相手が慰謝料の支払いを拒絶する結果に終わることになります。

その結果が分かれることになるポイントとして、請求する慰謝料の額があります。

慰謝料請求書を受け取った側が納得して対応できる条件が提示されているかによって、慰謝料の支払われる可能性が変わります。

これならば支払うことも止むを得ないという慰謝料額の提示であれば、早く支払いを済ませてしまって、不倫の問題を終わらせてしまおうと考えることになります。

一方で、通常は考えられない高い慰謝料額を請求しても、相手からは訴訟を受けて対応した方が安く済むと判断されることになりかねません。

ただし、どの程度の慰謝料額を提示することで最大の慰謝料を得られるのかは、相手に請求してみなければ分からないと言えます。

請求相手の情報(反省の度合い、勤務先、資力など)を集めて相当な金額を請求すれば一度の請求で慰謝料の支払いを受けることも可能ですが、予測することは困難です。

そうしたこともあり、はじめから相手と会ったうえで、相手の様子を見て話を聞きながら対応をすすめていく方が多いのだと考えます。

婚姻費用、公正証書離婚、不倫の慰謝料請求、示談書などの各サポートのお問合せはこちらへ

離婚協議書・公正証書、夫婦の誓約書、不倫・婚約破棄の慰謝料請求(内容証明郵便)又は示談書などの各サポートのご利用については、お気軽にお問い合わせください。

ご来所による方法のほか、メール又はお電話によるサポートにも対応しています。

なお、慰謝料請求可否金額に関する判断、手続等の説明を求めるだけのお電話は、ご利用者の方との連絡等に支障となりますので、ご遠慮ねがいます。

離婚公正証書・不倫示談書などの相談

『あなたに合わせた公正証書、示談書などを丁寧に作成します。』

裁判・調停には相談を含めて対応しておりません

船橋つかだ行政書士事務所

047-407-0991

受付:9~21時(土日は17時迄)

婚姻費用・離婚の公正証書、不倫示談書など

お急ぎ依頼に対応します。

047-407-0991

メール照会には、原則24時間以内に回答します。簡単にポイントをご説明ください。

  事務所のご案内

船橋駅から徒歩4分
営業時間
  • 平日:9時~21時
  • 土日:9時~17時

JRの線路と京成の線路の中間位にあるマンション内です。1階は「room」です

どちらからのご依頼も丁寧に対応致します。

東京都(江戸川区,葛飾区,江東区,台東区,墨田区,品川区)千葉県(船橋,八千代,成田,,佐倉,市川,習志野,浦安,鎌ヶ谷.千葉,印西,白井,松戸,野田,流山,我孫子,銚子,館山,木更津,東金,茂原,旭),埼玉県,神奈川県群馬県栃木県長野県ほか全国からのご依頼に対応します。