婚姻費用の分担契約、公正証書離婚、離婚協議書、不倫慰謝料の示談書などについての全国対応サポート

別居中の生活費の約束を、公正証書等の合意書に。

婚姻費用@合意書サポート

千葉県船橋市本町1丁目26番14号 サンライズ船橋401号

婚姻費用の分担、公正証書離婚、不倫の内容証明郵便・示談書のサポート

全国どこでも対応

お急ぎ作成にも対応します。

【受付】9~21時(土日17時まで)

047-407-0991

示談による慰謝料の支払い

慰謝料を支払うタイミング

「不倫・浮気による示談では、どのタイミングで慰謝料を支払うのですか?」との質問を受けることがあります。示談の成立することで慰謝料を支払いますので、通常は示談の成立時または示談の成立後になります。示談の成立時に慰謝料を一括して支払うことが双方に公平となりますが、分割払いになることで示談の成立後に支払うこともあります。

なお、示談の成立する前に慰謝料を支払うことも可能であり、そうした事例も少ないですが見受けられます。この場合、もし慰謝料の支払い後に示談が成立しないと困ります。

いつのタイミングで慰謝料は支払われるのか?

不倫・浮気に関して支払われる慰謝料の額は一般に高いことから、慰謝料を支払う側は、どのタイミングで慰謝料を支払えば手続きとして安全になるのか不安に思うこともあります。

示談の成立により慰謝料を支払うことが普通であり、示談の成立以降のタイミングでの支払いになりますが、具体的な支払い条件については、不倫・浮気問題の示談にかかる当事者の間で協議して決めることになります。

慰謝料の支払いタイミング

示談する条件の一つ

不倫・浮気に関するトラブルが起きたときは、その解決に際して慰謝料の支払いが行なわれることが一般に多く見られることです。

不倫・浮気により被害者の側が受けた精神的苦痛をいやすに足りる慰謝料の支払いを条件として、当事者の間で問題の解決を確認する示談が成立します。

慰謝料の額、支払期日、回数、遅滞時の損害金などの具体的な条件は、示談条件の一部として当事者の間における話し合いで定めます。

示談する条件の一つとして慰謝料は支払われることから、慰謝料を支払うタイミングは、示談の成立と同時又はそれ以降になります。

示談が成立すれば、その時点で不倫・浮気による損害額(慰謝料)が確定しますので、直ちに慰謝料が支払われるべきことになります。

慰謝料を支払う最も早いタイミングは、当事者同士が会って示談するときになります。

なお、当事者の間で話し合うことなく、慰謝料を請求する側から内容証明郵便を利用した不倫・浮気の慰謝料請求手続きも広く行われています。

この場合は、慰謝料請求された側はその慰謝料を支払うことで不倫・浮気トラブルがすべて解決するものと考えますが、送付された請求書に記載された内容を注意深く確認しておきます。

そうしなければ、請求された慰謝料を支払った後も、別の名目で金銭などの要求が起こらないとは限りません。

また、銀行口座への振り込みを支払方法としたり、数回に分けて慰謝料を支払うこともあり、当事者間の合意によって示談の成立以降に慰謝料を支払うこともあります。

「先に慰謝料を支払ってください」と言われたら

不倫・浮気によって精神的苦痛を受けた側から相手に対して慰謝料の支払いを求めたときに、示談の成立を確認することなく、直ちに慰謝料が支払われることもあります。

普通に考えれば、示談の手続きに先行して不倫 慰謝料を支払うことにはリスクがあります。

慰謝料の支払いを完了しても、不倫等の再発防止に関する確認が済んでいなかったり、前提となる不倫・浮気の事実について双方の間に認識のズレがあるときは、最終的に示談が成立しない可能性もあります。

慰謝料を請求する側が平常時と異なる精神状態に置かれている場合もあり、その後になって、対応できない内容の要求が追加されることも無いとは限りません。

不倫・浮気の問題が起きたときの示談では、実際に示談が成立するまでは各条件がどう確定する見えない面もあります。

こうしたことから、慰謝料請求する側からは慰謝料を早く受け取りたいという意向が示されるものですが、請求を受けた側は、不倫・浮気の問題にかかる示談の条件をすべて整理してから慰謝料を支払う旨を相手に説明することです。

慰謝料は高額になることが多いため、対応に失敗してトラブルが拡大しないようにするためにも、慎重に示談の手続きをすすめることが大切になります。

示談の協議ではあまり遠慮をしない

自分の起こした不倫・浮気が原因となって示談の協議をするときは、慰謝料を支払う側として相手に対して気持ちのうえで遠慮をしてしまうこともあります。

確かに相手に対して迷惑を掛ける不倫・浮気をしたことは悪かったことですので、そうした気持ちになることは仕方ありません。

また、反省の姿勢を示さずに示談の協議に臨めば、相手の心情を傷つけることになり、示談に向けた話し合いが円滑に進まなくなる恐れもあります。

しかし、示談するための具体的な条件を調整したり、その手続きを進めるときに遠慮も過ぎてしまうと良い結果にならないこともあります。

自分の意向を相手方に表明しない限り、相手方は何も異議なく同意したものと理解して示談の手続きを前へと進めていきます。

相手から提示されても対応できない条件については「できません」と明確に伝え、その際には理由も説明することが必要になります。

嫌とは言えずに応諾してしまうと、後になって後悔することになります。また、示談の条件を戻そうとすることは、相手方とトラブルを引き起こします。

安全な支払い手続き

不倫・浮気問題の示談に際して支払われる慰謝料は、個人にとっては大きな額となります。

そのため、不倫 慰謝料の支払い手続きは、できるだけ安全に進めることに注意します。

慎重に慰謝料の支払い手続きを進めることを考える方は、慰謝料の支払いにあたって、事前に示談書を作成して双方で確認を済ませておきます。

始めに示談の条件を双方で示談書の締結によって確定し、その後に慰謝料を支払って手続きを完結することが安全な手順となります。

なお、示談の成立した後に慰謝料を支払うことになるときは、慰謝料を受領する側が慰謝料の支払いを確実に受けられるか不安になることもあります。

そのため、慰謝料の額、支払期日、支払い方法、遅滞したときの損害金の支払いなどについて示談書に明確に定めておきます。

不倫・浮気問題の解決のときには、上記のことから示談にかかる条件を確認するための示談書が作成されています。

安全に示談手続きを進めるための示談書の作成方法

示談時に慰謝料を支払う

不倫 慰謝料を支払う方法は、銀行口座への振り込みが利用されています。

支払うために大きな額のお金を持ち歩かずに済むため、双方にとって安全な方法になります。

ただし、銀行振込みによる慰謝料の支払い方法は、慰謝料を受け取る側にとっては振り込みのタイミングが示談の成立後になることで不払いが起きるリスクが生じます。

そのため、当事者同士が直接に会ったうえで示談書を取り交わし、その場で慰謝料を現金で受け渡しする支払い方法も意外に多く行なわれています。

そうすることで示談の成立した時に手続きが完了し、未了となる手続きが残りません。

個人情報の扱いに慎重である方は、自分の利用している金融機関の口座情報を相手に知らせることにも躊躇することがあります。

示談する場所の傍に金融機関があれば現金の持ち運びを行なうことにも比較的安全であると言えますし、何よりもシンプルな方法として利用されています。

また、振込額の制限内であれば、インターネットバンキングを利用することで、示談のときに携帯端末機から本人の面前で慰謝料を振り込むこともできます。

分割払いを条件とすること

損害賠償金となる慰謝料の支払いは、示談のときに一括して支払われることが原則です。

しかし、慰謝料を支払う側の資力が足りずに分割払いを条件として示談することもあります。

不倫・浮気の慰謝料は高額となることも多くあることから、分割払いになると回数も多くなり長期にわたる支払いになります。

支払い期間が長期になるほど、期間の途中に何か問題が起こるリスクが高くなると言えます。

ビジネス取引のように相手の信用度を審査したうえで支払い契約を結ぶことにならないため、分割払いにすることで支払期間の途中で支払いが遅滞することも多く起きます。

慰謝料を受け取る側は、遅滞したときに分割金と残金を回収するには大変な労力を要することになり、実際に回収できるかは分からないことを知っておかなければなりません。

慰謝料を支払う側は、慰謝料の支払いを分割しても支払い期間が長くなると、重い負担となることを十分に認識して契約することが必要になります。

こうしたことから、慰謝料の支払いを受ける側としては分割払いは安全な条件とは言えないため、慰謝料の総額を下げても一括払いを受けることで条件の調整をする判断もあります。

やむを得ず分割払い契約となるときは、支払いの安全性を高める手段として公正証書によって示談契約を結ぶことも行なわれます。

公正証書で示談契約をすると、契約した慰謝料の分割金の支払いが遅滞したときには、債権者は裁判をしなくても債務者の財産を差し押さえる手続きをすすめることが可能となります。

もちろん、債務者の側に収入、財産がなければ、強制執行の手続きは意味を持ちません。

なお、公正証書での示談契約には原則として当事者の双方が公証役場へ行くことになります。

現実を踏まえた着地点を見つ出すこと

不倫・浮気の問題を解決するときは、双方の利害が反する状況の中で、示談する条件を話し合いで調整していかなければなりません。

その調整をすすめる過程では神経を消耗することになり、順調に話がすすまないときは、もう早く終わりにしてしまいたいと考えてしまうものです。

でも、そこで手を抜いてしまうと、その結果は後になって返ってくることになります。

示談する条件は双方が履行できるものでなければ、いったんは形のうえで解決が図られても、いずれ不履行になって再びトラブルが起きてしまうことになります。

その解決をするためには、再び多くの労力と時間を使うことになります。

そうしたことにならないように、示談するときには互いに履行できる現実的な条件を定めることが大切です。

示談する条件の話し合いをすすめていく中で、お互いに譲歩して着地できる条件が見えてくるようになります。

自分にも相手にも無理な条件とはならず、着実に履行することが期待できる条件を双方で見つけて示談することになります。

婚姻費用、公正証書離婚、不倫の慰謝料請求、示談書などの各サポートのお問合せはこちらへ

離婚協議書・公正証書、夫婦の誓約書、不倫・婚約破棄の慰謝料請求(内容証明郵便)又は示談書などの各サポートのご利用をお考えである方は、お気軽にご相談ください。

ご来所によるほか、メール又はお電話によるお問合せにも対応しています。

慰謝料請求可否金額に関する判断、離婚手続の確認または説明を求められるだけのお電話等は、ご利用者様との連絡に支障となりますので、ご遠慮ねがいます。

離婚公正証書・不倫示談書などの相談

『あなたに合わせた公正証書、示談書などを丁寧に作成します。』

裁判、調停に関しては対応しておりません

船橋つかだ行政書士事務所

047-407-0991

受付:9~21時(土日は17時迄)

婚姻費用・離婚の公正証書、不倫示談書など

お急ぎ依頼に対応します。

047-407-0991

メール照会には、原則24時間以内に回答します。簡単にポイントをご説明ください。

  事務所のご案内

船橋駅から徒歩4分
営業時間
  • 平日:9時~21時
  • 土日:9時~17時

JRの線路と京成の線路の中間位にあるマンション内です。1階は「room」です

どちらからのご依頼も丁寧に対応致します。

東京都(江戸川区,葛飾区,江東区,台東区,墨田区,品川区)千葉県(船橋,八千代,成田,,佐倉,市川,習志野,浦安,鎌ヶ谷.千葉,印西,白井,松戸,野田,流山,我孫子,銚子,館山,木更津,東金,茂原,旭),埼玉県,神奈川県群馬県栃木県長野県ほか全国からのご依頼に対応します。