婚姻費用の分担契約、公正証書離婚、離婚協議書、不倫慰謝料の示談書などについての全国対応サポート

別居中の生活費の約束を、公正証書等の合意書に。

婚姻費用@合意書サポート

千葉県船橋市本町1丁目26番14号 サンライズ船橋401号

婚姻費用の分担、公正証書離婚、不倫の内容証明郵便・示談書のサポート

全国どこでも対応

お急ぎ作成にも対応します。

【受付】9~21時(土日17時まで)

047-407-0991

婚姻生活に重大な影響を及ぼす不倫

不倫の起こる理由

不倫・浮気は一方又は双方が婚姻している男女の婚姻外の関係であり、一般に長く継続せずに終焉を迎えることになります。不倫・浮気は隠れて行なわれても、いつか配偶者に発覚することもあります。もし、不倫・浮気が発覚すると離婚問題に発展する事例も少なくありません。こうした夫婦に深刻な問題となる不倫・浮気ですが、社会には多く存在しています。どうして不倫・浮気が起きてしまうのでしょうか?

想像していなかった不倫

想像していなかった不倫

どうして不倫浮気が起きるのでしょう?

夫婦になることを誓い合って結婚したときには全く考えていなかったことの一つが、自分自身又は配偶者の不倫・浮気(不貞行為)ではないでしょうか?

自分が不倫する側になるとも、配偶者に不倫をされる側になるとも、どちらについても想像していなかったと思います。

不倫を始めたとき、はじめは誰にでも心理的な抵抗、良心の呵責があるものです。

それは、不倫をすることが配偶者への裏切りとなり、もし事実が発覚したときには夫婦関係に大きな悪影響を及ぼす問題となることを判っているからです。

しかし、その一方、結婚してから年月が経過してくると、男女間の恋愛熱も冷めてくることになり、いつの間にか心ときめく不倫を望む気持ちが心のなかに芽生えてくることがあります。

夫婦というものは、似た者同士のケースもありますが、基本的に別個の人間になります。

婚姻生活においては、常に夫婦の波長が一致して、いつでも夫婦で心地よい時間を過ごすことができる訳ではありません。良いときもあれば、反対に悪いときもあるものです。

本来、自分とは違った個性を相手異性に見出し、それを魅力として映ることによって、互いに存在感を感じることになり、また強く引き付けられることになるのです。

しかし、相手のことを「好き」だという感情が弱くなってしまうと、今度は反対に相手の個性(考え方)を許すことができなくなることも起きてきます。

夫婦または家族としての共同生活を日々おくるなかで、相手の行為が自分の考え方と違うことに対して心理的または感情的に抵抗感を持ってきます。

はじめは、それ程までに抵抗感がなくとも、これが徐々に大きくなっていくことがあります。

夫婦関係が上手くいかなくなってくると、相手のことを理解できないという気持ちが強まり、それと同時に、自分も相手から理解されていないと考えてしまいます。

人間は、自分のことを理解してくれ、高く評価をしてくれる相手に対して心を許すものです。

夫婦関係が上手くいかなくなってきたとき、自分のことを理解してくれる相手を無意識に求めて探すことになり、そのことで配偶者以外の異性に対して関心を持ったり、強い魅力を感じることになります。

不倫して夫婦でトラブルになった方に、不倫に至った理由をお聞きしますと、はじめのうちは信頼できる相談相手であったというケースが本当に少なくありません。

配偶者以外に自分の良き理解者を身近に求める行動は、不倫につながるリスクを持つということを知り、そうならないように心の動きを抑制することが必要になります。

不倫が道徳的に良くない行為であることは頭の中で理解していても、法律上で不法行為になるとの認識は弱く、不倫によって直ちに目に見える被害が生じることもないため、軽率な行動から不倫を起こしてしまうことがあります。

不倫は、身近なところに潜んでいる心の落とし穴であると言えるかもしれません。

「不倫」の法律上における責任

不倫は、その言葉のとおり、社会的な倫理観に反する行為であると見られます。

著名人の不倫問題が明るみになると、本人の社会的信用が失墜することは、目にする機会も多くあります。

第三者に迷惑を掛けている訳でもないのに、メディアから批判を受けることになります。

不倫は、夫婦が平穏に暮らす権利を侵害する行為として、民法上の不法行為に該当します。

このために、不倫した配偶者とその不倫相手は、他方の配偶者に対して不法行為に基づく損害賠償責任(いわゆる「慰謝料」を支払う義務)を負うことになります。

不倫 慰謝料は、不倫が原因で離婚するか否かによって異なりますが、数十万円から400万円位になる大きな金額となります。

慰謝料の支払い金額について当事者間で決着できればよいのですが、もし双方で折り合いがつかないときは訴訟に発展することもあります。

また、不倫された配偶者が望めば、不倫のような不貞行為裁判上の離婚原因にあたるため、裁判上の離婚請求によって裁判所から離婚が認められることにもなります。

離婚となれば、慰謝料のほかに、財産分与、子どものあるときは養育費など、各金銭を支払う義務を負わなければなりません。

そして、離婚後に子どもの親権者にならなければ、子どもと別れて生活することになります。

このように、不倫が発覚したときは大きな代償を支払わなければならないことになります。

大きな精神上のダメージを与えます

婚姻を続けている限りは、夫婦のどちらか一方に不倫が起きる可能性は否定できません。

配偶者の不審な行動を端緒にして徐々に不倫が疑われ、やがて不倫の事実にたどり着くこともあれば、何かのきっかけによって偶然に配偶者の不倫事実を知ってしまうこともあります。

いずれにしても、配偶者の不倫を知ったときの精神的なショックは、大きいものがあります。

なかには、配偶者の不倫を知ったことで精神的にダメージを大きく受けてしまい、心療的な治療が必要になってしまう方もあります。

不倫をした側も、配偶者に不倫の事実を知られることで、申し訳ないことをしたと後悔して、辛い思いをすることもあります。

また、不倫相手が独身であるときは、不倫の発覚で男女の関係が終了すると、不倫相手も、不倫関係にあった相手から裏切られて捨てられたと考えて精神的に傷つくことになります。

不倫の事実が明るみになって関係者の間で問題になることで、関係する者のすべてに精神的な負担が生じることになると言えます。

隠れた願望が潜んでいます

不倫への隠れた願望

心の中に隠されている気持ち

現代社会では女性の社会的進出が著しく進んだ結果として、まったく女性のいない職場はありません。

そして、男女とも晩婚化が進行したこともあり、職場には独身の男女が大勢います。

結婚した以降も、夫はもちろんのこと、妻も同様に、このような環境のなかで様々な人間関係をやり繰りしながら仕事をしています。

夫婦の関係というものは、常に良好な安定している状態に維持されることはありません。

夫婦は互いに良き理解者であるという幻想を抱いてしまい、相手に対し過大な期待をし過ぎてしまうと、その期待がいずれは失望という結果を招くことになります。

相手に期待をすることから失望が始まるとは、仕事に限らず男女関係にも言えることです。

相手に何かをしてもらうことを期待するのではなく、相手にしてあげられることに努力を重ねていくことが、男女関係の維持に大切になります。

また、婚姻期間が長くなり、夫婦に子どもが生まれたりすると、異性同士としての刺激も夫婦の間に少なくなり、夫婦の共同生活もマンネリ化してきます。

本来は、婚姻によって平穏な家庭を築くことを望んでいたはずであったのが、いつの間にか、そのような家庭生活を変化の少ない退屈な毎日として感じてしまうこともあります。

当たり前になった平穏で幸せな生活について、価値のあることを見失ってしまいます。

そうした気持ちの中、職場や仕事の関係で気になる異性との出会いがあったりすれば、非日常的な世界を求めて、いけないことを空想をしてしまうことも起きてしまいます。

これを空想するまでならば、誰にでも避けられないことであり許されるものです。

このとき、空想の先にある現実に一歩を踏み出さずに自分の行動を自制していけるかどうか、このことが分かれ目になります。

いけない世界の空想と現実が紙一重になっていることは、よくあることです。

その世界に危険な一歩を踏み出すことは、何も難しいことではありません。それは、誰にでも簡単にできてしまうことです。

このような危ないタイミングにあるとき、家庭における夫婦の状況が良好でないと、結果的にいけない不倫の世界に踏み込んでしまうリスクが高まります。

不倫した配偶者側の言い分としてよく聞かれることが、「おまえ(あなた)がいけないから、このようなこと(不倫)になってしまった」というものです。

法律のうえでは許される言い訳になりませんが、不倫に至った経緯をたどってみると、確かに言い分として完全に否定できないこともなくはないこともあります。

人間は完全な動物ではありません。常に過ちを犯し、それを繰り返す動物です。

微妙な夫婦の関係、職場における様々な人間関係の要因が重なったときに、不倫が現実に起きることになってしまいます。

不倫事実の確認と調査

配偶者に不倫のあることが疑われるとき、安易に本人に対して不倫したか否かを確認すると、その後は警戒されてしまい、不倫の事実を掴む時期を遅らせることになってしまうことにもなりかねません。

そのため、不倫問題への対応では、探偵などの調査会社を利用する方も少なくありません。

調査会社の利用は、不倫している配偶者に気付かれずに不倫の事実を確認し、その不倫現場等の証拠資料を収集することが目的になります。

不倫調査の費用は、決して安くは済みません。はじめに数十万円がかかることは当たり前であり、調査が長くなれば百万円を超えることも珍しくありません。

このため、調査会社を利用される方は、不倫問題に真剣に取り組む覚悟のある方であり、不倫調査によって不倫の証拠資料を収集すると、離婚することを検討したり、配偶者の不倫相手に対し慰謝料を請求することになります。

不倫相手への慰謝料請求は、調査費用の回収を考慮することもあり、慰謝料の額も相当に高いものになります。

繰り返されることの多くある「不倫」

配偶者とは違った異性の相手に魅力を感じて不倫が起きるのですが、相手が一人だけで終わらないことが不倫問題では見られます。

不倫や離婚の相談を受けていますと、配偶者の不倫に悩む方が少なくないことが分かります。

一度は不倫した配偶者を許しても、再度、不倫の問題が起きてしまうことがあるのです。

はじめての不倫問題でも心を痛めることになるのですが、その問題が続いていくのですから、かなり精神的に負担が大きくなってしまいます。

不倫が発覚したときには「もうやめる」「二度としない」と約束をしても、関係が継続していたり、別の異性と不倫関係になってしまうことがあります。

たとえ、夫婦間に誓約書を作成しておいても、その効果の見られないことがあります。

人間として異性に魅力を感じることは、その個人の持つ特性であるという面もあります。異性に対して関心を持つ力にも、強いものと弱いものと個人差があるのです。

そのため、不倫を全く経験しない人もあれば、不倫を何度も繰り返す人もいるのです。

積極的に異性を求める方もあります

偶然の出会いから不倫関係になってしまうことが不倫の経緯として多く見られますが、一方で、婚姻をしていても積極的に異性を求め続ける方もあります。

新たな異性との出会いを求めて、独身として婚活パーティーなどに参加し、そこで知り合った未婚の異性と性的関係を結ぶケースも多くあります。

既婚である事実が相手に判明すると、関係を持った異性との間でトラブルになります。

独身であると偽って未婚の異性と交際をして性的関係を結ぶことは、相手の貞操権を侵害する不法行為に当たります。

このような場合には、配偶者だけではなく、性的関係を持った相手も被害者となります。

また、配偶者以外の異性と性的関係を持った配偶者は、双方に対して慰謝料の支払い義務を負うことになります。

結婚をしていても、性的欲求を満たすことを目的に配偶者以外の異性との関係を積極的に求めることでトラブルを起こす方もあります。

なお、性的欲求を満たすために性的サービスを提供する店舗(いわゆる風俗店)を頻繁に利用することもあり、こうした行為も不貞行為となり、夫婦間で問題になることがあります。

不倫した配偶者を許す

配偶者が不倫していたことが分かると、精神的に強いショックを受けることになります。

そのとき、たった一度限りの不倫であっても、不倫した相手を許すことができずに、何ら迷うことなく離婚することを選択する方があります。

一方、配偶者の不倫を許して、相手との婚姻を続けていく努力をしていく方もあります。

不倫を許すことは心理上での強い葛藤もあろうかと思いますが、それを乗り越えて、夫婦の関係を修復して継続していくことは、人生における大きな選択になります。

根拠となる資料はありませんが、不倫や離婚に関する相談を受けていると、はじめての不倫であるときには、配偶者の不倫を許す方の割合が高いように感じています。

現実的な対応を考えるときにも、夫婦の間に小さな子どもがいるときには、離婚することを抑制しようとする力が働くことは間違いなくあります。

婚約中の男女、若い夫婦であると、婚約または夫婦の関係を解消することに障害となるものが余りありませんので、解消することを選びやすいようです。

不倫の行なわれていることを黙認する

配偶者のしている不倫を良くないことであると理解していても、もう長期になっているので、不倫の現状を認めてしまう方もあります。

婚姻期間が長くなっていて未成熟子がいない夫婦であると、あえて面倒な離婚をしないで現状の生活を継続していくことを優先することを選択されることになります。

不倫相手に嫉妬することがなければ、配偶者が生活費を支払ってくれる限り、それで不自由なく生活できるので別に構わないということのようです。

不倫している配偶者から離婚を求められない限り、毎月の生活費を受け取り、配偶者としての相続権も維持できますので、割り切って受忍する考え方にも理解できるところがあります。

なお、別居期間が長期になると、不倫している配偶者(有責配偶者)の側による裁判上での離婚請求が認められることがあります。

したがって、形式上だけの婚姻関係は将来に終了する可能性を含んでいることを知っておいたうえで、離婚後の生活への備えをすすめていかなければなりません。

夫婦で合意書を作成して対応する

配偶者に不倫が見付かったときにも、夫婦の間で婚姻関係をどうするかしっかりと話し合い、その後に夫婦の関係を修復していく道を選ぶ夫婦もあります。

一方で、夫婦の話し合いによって協議離婚することを結論として出す夫婦もあります。

互いに離婚を選択する判断になりますと、離婚に関する条件を夫婦の話し合いで取り決めて、それを離婚協議書に作成する夫婦があります。

離婚の成立後に養育費などの金銭支払いが二人の間に続くときには、公証役場で公正証書 離婚することもあります。

また、婚姻を継続する選択をする際にも、夫婦が不倫問題の解決に関して合意した約束事を「誓約書」に残しておく夫婦もあります。

誓約書は、不倫の事実を認めたうえでそれについて謝罪し、将来に向かって夫婦の関係を円満にしていくために誓約する事項を定めておくことが主な内容になります。

夫婦の信頼関係が大きく壊れかけたようなときは、将来に夫婦関係が完全に修復できなくなったときに備えて、あらかじめ離婚の際の条件を定めておくこともあります。

これら合意事項について誓約書を作成したり、公正証書(公証役場での認証など)とすることがあり、そのような作成に関するご依頼をいただくこともあります。

夫婦の問題に直面したときに将来を真剣に考えられる方は、できるだけの手を尽くしておきたいと考えられて、夫婦間の合意書を作成されています。

当事務所においても、夫婦の間における誓約書を作成するサポートを取り扱っていますので、ご関心のある方は、お気軽にご相談ください。

また、不倫相手に対する慰謝料請求をしたときは、その解決に際して作成される慰謝料 示談書についてもサポートをご用意していますので、ご相談いただけます。

カウンセリングの利用

夫婦の不倫問題は、不倫している側も、不倫相手と配偶者との板挟みで悩むこともあります。

配偶者に不倫が発覚していなければ、自分だけで不倫を終わらせて解決する方法もあります。それでも、どのようにして解決を図ったら良いのか悩むこともでてきます。

お一人で悩まれるのが辛いときには、カウンセリングを利用される方もあります。

ただし、カウンセリングの利用には注意すべき点があります。カウンセリングは時間制となりますので、解決に進まなくても費用だけは発生します。

精神状態が不安定になると、カウンセリングに頼りたい気持ちになることもあるでしょう。

でも、カウンセリングは、あなたの問題を直接に解決してくれるわけではありません。最終的に解決するのは、あなた自身で気持ちに整理がつけられるときになります。

カウンセラーは、あなたの解決を手助けすることになります。

家庭裁判所の利用

不倫の発覚したことが被害者となる配偶者側へ深刻な影響を及ぼして、不倫の発覚した後には夫婦で話し合うことが難しくなることもあります。

そうしたときは、夫婦に起きた問題を家庭裁判所の調停(ちょうてい)を利用して解決を目指していく方法もあります。

家庭裁判所の利用にかかる費用は低廉(弁護士を利用しない場合)であり、誰にでも利用することができます。

家庭裁判所で選任した調停委員が夫婦の間を仲介することで話し合いがすすめられ、うまく問題解決を図れることがあります。

離婚専門の行政書士

『ご要望の内容に応じて、不倫対応(内容証明等)へ、きめ細かくサポートさせていただきます。』

日本行政書士会連合会所属
特定行政書士
日本カウンセリング学会正会員
→ご挨拶・略歴など

不倫の内容証明郵便、示談書を作成します

船橋つかだ行政書士事務所は、夫婦・男女関係の契約書の作成などを専門とし、離婚協議書、公正証書、示談書の作成をサポートしています。

不倫については、配偶者の不倫相手に対する不倫 慰謝料の請求書、当事者間での慰謝料 示談書を、不倫問題の解決に向けて、ご相談をしながら作成いたします。

不倫に関するご相談、離婚相談などで培った専門行政書士としてのノウハウを生かして、ご希望に沿うかたちのサポートを丁寧にきめ細かくさせていただいています。

配偶者の不倫は、精神的に受けるダメージも大きいため、丁寧にお話しをお伺いしながら、早期に不倫問題を解決できるよう、目的に適った慰謝料請求書(不倫 内容証明、示談書の作成をさせていただきます。

不倫対応でお困りであれば、ご利用ください。

婚姻費用、公正証書離婚、不倫の慰謝料請求、示談書などの各サポートのお問合せはこちらへ

離婚協議書・公正証書、夫婦の誓約書、不倫・婚約破棄の慰謝料請求(内容証明郵便)又は示談書などの各サポートのご利用については、お気軽にお問い合わせください。

ご来所による方法のほか、メール又はお電話によるサポートにも対応しています。

なお、慰謝料請求可否金額に関する判断、手続等の説明を求めるだけのお電話は、ご利用者の方との連絡等に支障となりますので、ご遠慮ねがいます。

離婚公正証書・不倫示談書などの相談

『あなたに合わせた公正証書、示談書などを丁寧に作成します。』

裁判・調停には相談を含めて対応しておりません

船橋つかだ行政書士事務所

047-407-0991

受付:9~21時(土日は17時迄)

婚姻費用・離婚の公正証書、不倫示談書など

お急ぎ依頼に対応します。

047-407-0991

メール照会には、原則24時間以内に回答します。簡単にポイントをご説明ください。

  事務所のご案内

船橋駅から徒歩4分
営業時間
  • 平日:9時~21時
  • 土日:9時~17時

JRの線路と京成の線路の中間位にあるマンション内です。1階は「room」です

どちらからのご依頼も丁寧に対応致します。

東京都(江戸川区,葛飾区,江東区,台東区,墨田区,品川区)千葉県(船橋,八千代,成田,,佐倉,市川,習志野,浦安,鎌ヶ谷.千葉,印西,白井,松戸,野田,流山,我孫子,銚子,館山,木更津,東金,茂原,旭),埼玉県,神奈川県群馬県栃木県長野県ほか全国からのご依頼に対応します。